週末はアウトドア


 ダッチオーブンの種類

  ダッチオーブンの種類は、形状、材質、サイズ、メーカーなどの違いによって様々な種類があ
 りますが、代表的な物の特徴を下記にまとめてみましたので参考にしてみてください。


ダッチオーブン
の種類と特徴 

 
鋳鉄製ダッチオーブン
  • 基本的にはシーズニングが必要
  • 重い
  • 油がしみ込んでなじむまでは錆びやすい。
  • ダッチオーブンが熱せられてる時に水を入れると割れることがあります。
  • 使用前後のメンテナンスが面倒(洗剤では洗えません)
  • 使用を重ねるごとに油がしみ込んで黒くなってくるので愛着が沸く人もいるかも
  • 他の種類に比べると値段は安め
 
黒皮鉄板製ダッチオーブン
  • シーズニングは必要
  • 重い
  • 錆びにくくて割れにくい。
  • メンテナンスも鋳鉄製のものに比べると簡単(洗剤で洗えます)
  • 値段は高め
アルミ製ダッチオーブン
  • シーズニングは不要
  • 軽い
  • ダッチオーブンが熱せられてる時に水を入れると割れることがあります。
  • 過度な空焚きは厳禁(耐熱温度は600℃)
  • 錆びることがないので油を塗る必要はないです。(洗剤で洗えます)
  • 圧力機能、蓄熱性などは他のダッチオーブンにくらべると劣ります。
  • 値段は高め
 
 
ステンレス製ダッチオーブン
  • シーズニングは不要
  • 重い
  • 過度な空焚きは厳禁(変色する恐れあり)
  • ステンレスなので錆びにくく油を塗る必要はないです。
  • 普通の鍋と同じで洗剤で洗うだけで済むので使用後のメンテナンスがラクです。
  • 値段は高いですが最近安くなってきました。
 




ダッチオーブンを選ぶ時のポイント

  • 扱いやすさ、メンテナンスのしやすさ
  • ダッチオーブンの種類(鋳鉄製、黒皮鉄板製、アルミ製、ステンレス製)
  • サイズ
  • 価格
  ダッチオーブンを選ぶ時に、意外と重要なのが、扱いやすさとメンテナンスのしやすさだと思い
 ます。鋳鉄製のダッチオーブンだとちょっとメンテナンスを怠っただけで簡単に錆びます。逆に
 アルミ製やステンレス製の鍋は洗剤で洗うことが出来るし、油を塗る必要がないのでラクです。
 ただ鋳鉄製の鍋は、使用するごとに油がしみ込み鍋が黒くなっていくので愛着が沸いてきます。
 価格も安めなのが鋳鉄製の鍋の魅力ですね。私自身は、鋳鉄製、黒皮鉄板製、ステンレス製
 の鍋を使っていますが、一番使いやすいのはやはりステンレス製の鍋ですね。普通の鍋と同じ
 感覚で使えるのが一番の魅力です。こだわりがある場合を除けば、黒皮鉄板製かステンレス製
 の鍋がお勧めだと思います。サイズに関してはキャンプがメインなら12インチ、自宅で作ることが
 多いなら10インチあたりが使いやすいと思います。

リンク


Copyright(C) 週末はアウトドア All Rights Reserved since Dec.2009