週末はアウトドア


■キャンプのテクニック集

 キャンプの時に知ってればちょっと得する小技をご紹介します。

①保冷材の代わりにペットボトルを凍らせて使います。 
2リットルのペットボトルを2~3日前から凍らせといて、保冷材変わりに使います。これ一本だけでも次の日の夕方までもつのでわざわざ板氷を買う必要がなくなるし、溶けたらそのまま使えるので経済的ですね。  ペットボトル
②お菓子の缶を炭つぼ代わりに使います。
画像は、のりの箱ですが、とにかく鉄製の缶ならなんでも良いです。この缶の中に火の着いた炭を入れてフタをすると、酸欠で火が消えます。この消し炭は、次回火が着きやすくなるし、炭の節約になるので一石二鳥ですね。アウトドアショップに行けばちゃんとした消し炭壷が売ってますが、個人的にはこの缶で十分役にたってます。ただし、缶がものすごく熱くなるので、お子さんがいる場合や下が芝生の場合は注意が必要です。 鉄の缶
③グランドシートの代わりにビニールシートを使います。 
 テントの底に敷くグランドシートは、地面からの湿気からテントを守ってくれます。大雨の時には、防水にもなるし、テントの汚れなども防いでくれます。個人的には、プルーシートで十分だと思います。ブルーシートで代用する場合はテントからはみ出ないように使わないと雨の時に水没して逆効果になってしまうので注意が必要です。 ビニールシート 


リンク


Copyright(C) 週末はアウトドア All Rights Reserved since Dec.2009