週末はアウトドア


 ■シーズニングの方法

  新品を買った時に、ロッジ製にはシーズニング済みのダッチオーブンもありますが、通常の鋳  鉄製ダッチオーブンには、シーズニング(慣らし)が必要になります。これがプラックポットへの第 一歩となります。

シーズニングに必要な道具

  • クリームクレンザー
  • ナイロンスポンジ
  • オリーブオイル
  • キッチンペーパー
  • 香味野菜の不要部分
  • 木べら

(1)ワックスを洗い流します 鍋本体とフタにクリームクレンザーをつけて、ナイロンスポンジで全面をひたすらこすります。
 ↓
(2)水で洗い流します こすり終わったら、水で洗い流します。その後、タオルなどで水分を拭き取って、まずはフタからガス台に乗せて強火であぶります。
 ↓ 
(3)オリーブオイルを全体に塗ります あぶったフタにオリーブオイルを少したらして、キッチンペーパーでまんべんなく全体に塗ります。大量に塗ると焦げます。薄くぬるのがポイントです。また火傷に注意してください。 
同様に鍋本体にもガス台であぶったらオリーブオイルを全体に塗ります。 
 ↓ 
(4)そしてまた焼きます  フタと鍋本体にオリーブオイルを塗ったら、再び強火でそれぞれを焼きます。煙が出てきたら、一度火を止めて少し冷ましてから、またオリーブオイルを薄く塗ります。この作業を数回行います。 
↓  
(5)最後に香味野菜を焼きます  香味野菜を焼いて、鉄臭さを取り除きます。木べらで底や縁など鍋全体に押し付けるようにしながら焼きます。 この作業を3~4回繰り返かえします。最後に、自然に冷まして終了です。(間違っても急に冷やさないでください。)
 

リンク


Copyright(C) 週末はアウトドア All Rights Reserved since Dec.2009